『お花畑みたい』の世界観をまとう。【スタイリング編】

個展2日目

 

朝方までは嵐のようでしたが

開催時刻までには

すっかりいいお天気に恵まれました。

 

DSC_8532.blog。。。

 

marieちゃんのお洋服をご試着くださったお客様が

『お花畑みたい』の世界観にぴったりで

 

想いがけずの撮影会。

 

DSC_8353.blog

 

個展会場に創られた雰囲気そのままが

立ち現われた瞬間

そこにいた誰もが感嘆の声をあげました。

 

DSC_8356.blog

 

『お花畑みたい』をイメージした

ハンドメイドおよびリメイクのお洋服たちが

可憐に着こなされていきます。

 

DSC_8359.blog

 

 

シンプルな装いも

『お花畑みたい』のテイスト満載です。

 

DSC_8360.blog

 

エッセイと小説を担当したヒラタナオ。は

以前、働いていたアパレルショップにて

系列店全店でNO.1の販売実績をつくったことのある

スタイリストでもあります。

板についている動きは絵になりますね↑。

 

ふたりの2ショット↓

素敵なお花たち♡

 

DSC_8371.blog

 

そして

お花畑みたい喪服↓

 

お嬢様っぷりハンパありません。

 

DSC_8390.blog

 

marieちゃん曰く

レースの襟は

縫い糸と同じくらいの細さの糸で

編んだものだそう。

つくりはしっかりしているのに

繊細な優しい雰囲気を醸しています。

 

DSC_8386.blog

 

この日、少し遅れての在廊となったmarieちゃん

この急遽開かれたスタイリングイベントに間に合いました。

 

4つのコーディネートの中で

一番似合っていたものを

もう一度着て戴くことに。

 

DSC_8413.blog

 

作り手の想いが

カタチになり

届く瞬間。

 

DSC_8441.blog

 

『お花畑みたい』の世界観の奥行を

こんな風に楽しんで戴けたこと

私たちも感激でした。

 

どうもありがとうございました。